いま、熱海では=10年ぶり同級生の再会

2017年03月01日

 「久しぶり、元気だった」と笑顔で声を掛け、再会を喜び合う。MOA熱海保育園で、10年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こすイベントに、高校2年生になった2005年度卒園生26人が参加した。

 埋めた場所には目印の立て札があったが、スコップで掘り起こしてもなかなか見つからない。「おかしいな」と不安そうな声が響く。それだけに、作業開始約20分後に発見すると、大きな歓声が上がった。

 思い出の品を確認できたことよりも、友人たちとの再会の感激が大きかったと思う。同級生は喜びを分かち合い、苦しみや悲しみを相談できる一生の仲間になる。定期的に集まり、交流を深めていってほしい。(杉)

各地の最新の写真
伊東
振り込め撲滅へ40人 伊東署、各区推薦の指導員委嘱
下田
カツオ100本さばき提供 岩地温泉大漁まつりにぎわう―松崎
中伊豆
「家族のように接した」 井上靖ふるさと会が座談会―湯ケ島
熱海
釣り愛好者が清掃活動 海岸の環境保全に貢献―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)