記者コラム=認知症への理解

2017年03月01日

 県立伊東高城ケ崎分校の3年生を対象に実施された「認知症サポーター養成講座」。高齢の祖母と同居する筆者も、受講者になった気持ちで聴いた。

 「何を食べたか思い出せない」(加齢による物忘れ)と「食べたこと自体忘れている」(認知症の記憶障害)の違いを聴き、これまで同じだと考えていたのではっとした。

 2016年4月時点の高齢化率が47・4%と、市全体に比べ8ポイントほど高い対島地区にある同分校の生徒たちからは「話し掛ける時は笑顔で」「驚かせないようにしよう」などと認知症の人との接し方について活発に意見が上がった。

 認知症について理解し、地域で支える仕組みが今後構築されるよう期待したい。(竹)

各地の最新の写真
伊東
市長、2副市長の退任式 「新市長のもと一丸で」―伊東
下田
天城峠道路期成同盟会 南伊豆、松崎町が加盟
中伊豆
10人、19施設を表彰 三島食協総会表彰大会
熱海
民泊の課題を研究 考える会発足―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)