記者コラム=樹木が取り込むCO2

2017年02月25日

 林野庁のホームページに、スギの40年生人工林1ヘクタールが1年間に吸収する二酸化炭素(CO2)の量は、約8・8トンとあった。この人工林はすでに約79トンの炭素を蓄え、CO2に換算すると290トンに相当するという。

 数値が大きすぎて量が分かりにくいので、身近な例で比較すると、1世帯から1年間に排出されるCO2は約5・2トンで、スギ599本分の吸収量に当たる。1世帯で約600本はかなりの本数で、人工林に限らず、植物全てを一本でも増やしたい気持ちになる。

 新年早々ヒマラヤ桜の若木を見たが、葉桜に変わっていて、驚かされた。現在あたみ桜も多くが葉桜。長期間、CO2を吸う早咲き桜は温暖化にも有効な木と思いたい。(前)

各地の最新の写真
伊東
「噴火可能性」で避難訓練 東部火山群防災協が初―伊東
下田
「天城荘」が民事再生 テルマエロケ地―河津七滝
中伊豆
神島ポンプ場が完成 被害軽減へ4月供用―伊豆の国
熱海
17年度でハード完了 熱海市民安全会議で県―熱函道路事故対策

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)