懸命に潜水、バタ足 熱海市の水泳教室スタート

熱海版 2019年06月06日

バタ足の練習に取り組む児童=第二小プール
バタ足の練習に取り組む児童=第二小プール

 ■小学2、3年生29人が参加

 熱海市の水泳教室が3日夜、市立第二小の屋内プールでスタートした。市内の小学2、3年生29人が正しい泳ぎ方を身につけようと練習に取り組んだ。24日まで毎週月曜日、全4回開く。

 市水泳協会の会員8人が指導に当たった。児童は泳力順に水中に数秒間潜るグループ、泳法を練習するグループなどに分かれ、指導を受けた。バタ足の練習では、足を動かす時間を徐々に長くしながら動きを学んだ。「膝を曲げずに足を動かして」と実際に足を講師に持ってもらい、フォームを確認した。

 同協会の野田秀作会長は「夏になると水に接する機会が多くなる。楽しい夏休みが過ごせるよう、休まないで教室に通ってもらいたい」と話した。

 2回目以降の参加も受け付けている。問い合わせは市スポーツ推進室〈電0557(86)6604〉へ。

 【写説】バタ足の練習に取り組む児童=熱海市の第二小プール

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集