暗闇に浮かぶ政広作品鑑賞 沢田美術館が夜間開館―熱海

熱海版 2019年06月03日

幻想的な雰囲気の中で政広作品を鑑賞する来館者=熱海市立沢田政広記念美術館
幻想的な雰囲気の中で政広作品を鑑賞する来館者=熱海市立沢田政広記念美術館

 熱海市立沢田政広記念美術館は1、2日、夜間に特別開館して「ナイトミュージアム」を催した。市民や観光客が照明を消した館内を懐中電灯を手に巡り、幻想的な雰囲気の中で政広作品を鑑賞した。

 隣接する熱海梅園の「ほたる観賞の夕べ」に合わせた企画で、ブロンズや木彫、レリーフは暗闇に浮かび上がって見えるように、赤、青、黄色などの発光ダイオード(LED)ライトで照らした。来館者は懐中電灯で作品に光を当てながらじっくりと見て回った。

 大学時代の友人と女子旅で訪れたという横浜市の会社員矢沢春香さん(28)は「アトラクション的で斬新」と話し、光と影が織り成す演出を楽しんだ。

 【写説】幻想的な雰囲気の中で政広作品を鑑賞する来館者=熱海市の沢田政広記念美術館

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集