180人が力泳、力走 長浜海水浴場でアクアスロン―熱海

熱海版 2019年05月20日

スタートと同時に泳ぎ出す参加者=長浜海水浴場
スタートと同時に泳ぎ出す参加者=長浜海水浴場

 ■3部門でタイム競う

 熱海市の長浜海水浴場で19日、第7回南熱海アクアスロンレース大会(日本国際オープンウォータースイミング協会主催)が開かれた。参加者約180人がゴールを目指し、汗を流した。

 アクアスロンは「泳いで、走る」競技。今大会はショート(スイム500メートル、ラン5キロ)、ロング(スイム1500メートル、ラン10キロ)、ロングの距離を2人で行うリレーの3部門で競った。

 参加者はスタートの合図と同時に海に飛び込み、波に向かって泳いだ。スイムを終えた選手は素早く着替えランに移った。「頑張れ」「ファイト」といった声援を受け、笑顔でゴールした。

 26分42秒でショートの部で優勝した浜松市の山本泰資(たいすけ)さん(37)は「海水は冷たかったが、地域の人の声援が温かくて頑張れた」と話した。

 【写説】スタートと同時に泳ぎ出す参加者=熱海市の長浜海水浴場

各地の最新の写真
伊東
古民家で和文化体験 お茶席や日本髪体験、花生け―伊東
下田
半世紀の節目祝う 下田JC、記念式典に350人
中伊豆
フラフェスタに9団体出演 さわやかな風とリズム―函南
熱海
結葉桃一會、御鳳輦コースを下見―熱海・来宮神社例大祭

最新写真特集