し尿処理中継施設整備など 熱海市、議会臨時会に9議案提出

熱海版 2019年05月14日

 ■正副議長選も

 熱海市は13日、20日に開かれる市議会臨時会の提出議案を公表した。エコ・プラント姫の沢に整備するし尿等中継設備整備、国の重要文化財「旧日向別邸」の保存修理の各工事請負契約締結、税賦課徴収条例と介護保険条例の各一部改正など9議案を提出する。

 し尿等中継設備は神奈川県湯河原、真鶴両町と広域でし尿を共同処理するための施設。計画によると、プラント建屋内に3市町のし尿を貯留する大型タンクとごみを取り除く設備などを設置する。工事費は3億3550万円で、2町も応分の負担を行う。工期は来年3月末で、来年度から稼働する。

 旧日向別邸保存修理工事は建築から80年以上経過して雨漏りや各部の傷みが著しい地下室の修理、上屋の耐震補強などを行う。工事費は2億5017万円。工期は2021年9月末。

 改選後初の議会となる臨時会は20日午前10時開会する。同日は正副議長選や常任委員会、特別委員会の各構成など議会人事も予定されている。

 ■20日に市議会臨時会

 熱海市議会は13日、各会派代表者会議を市役所で開き、20日に開く臨時会の議事などを決めた。

 改選後に届けのあった5会派の代表が出席。市が提出予定の工事請負契約締結、専決処分など9議案と、議会が予定している正副議長選、常任委員をはじめとした議会人事関係7議案を審議することを確認した。

各地の最新の写真
伊東
伊東祐親まつり開幕 幽玄の世界、薪能観衆魅了―伊東
下田
黒船祭は最高潮 市内一色―下田
中伊豆
長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目
熱海
神輿温泉街練る 熱海など25日、湯かけまつり

最新写真特集