高齢者の交流拠点に 桜木町公民館で地域サロン活動開始―熱海

熱海版 2019年05月08日

ギターの演奏に合わせて歌を楽しむ参加者=桜木町公民館
ギターの演奏に合わせて歌を楽しむ参加者=桜木町公民館

 ■男女20人が体操、歌

 熱海市の桜木町公民館を拠点に7日、地域サロン「桜木町いきいきサロン」が活動を開始した。元民生委員の長渡泰子さん(78)を中心に現役の民生委員、健康づくり推進員らで運営し、地域の高齢者の交流と健康づくりを図る。

 長渡さんは民生委員として活動していた際、1人暮らしの高齢者から「誰とも話をせずに1日過ごした」といった声を聞いていたことから、外出の機会や交流の場づくりを模索。地元町内会、老人会・寿笑会の協力を得て、地域サロンを立ち上げた。

 初日は男女約20人が参加した。DVDを見ながら体操した後、民生委員で高齢者バンドを率いる田村公平さん(65)=小嵐町=のギター演奏に合わせ、懐メロや童謡を歌った。プロジェクターで映し出される歌詞を見て、仲間と声を合わせた。88歳の女性は「家では一人なので、皆で体を動かしたり、歌ったりするのは楽しい」と笑顔を見せた。

 同サロンは毎月第1・3火曜日午前10時~11時半に開く。簡単な介護予防体操やストレッチ、能トレに加え、季節に応じたレクリエーションを行う。市社会福祉協議会が後援。長渡さんは「皆が楽しく笑って過ごせる場所をつくっていきたい」と話した。

 地域サロンの開設は市内で27カ所目となる。

 【写説】ギターの演奏に合わせて歌を楽しむ参加者=熱海市の桜木町公民館

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集