地域交通安全活動推進委員 再任5人に委嘱状―熱海署

熱海版 2019年04月19日

勝又署長から委嘱状を受ける地域交通安全活動推進委員=熱海署
勝又署長から委嘱状を受ける地域交通安全活動推進委員=熱海署

 ■「死亡事故ゼロ457日に」

 熱海署は18日、同署の交通安全運動に協力する地域交通安全活動推進委員への委嘱状の伝達式を開いた。勝又紳一朗署長が5人に委嘱状を手渡した。いずれも再任で任期は2021年3月まで。

 勝又署長は「皆さんの協力もあり、管内の交通死亡事故ゼロ日数が457日になった。今後も地域の交通安全リーダーとして活躍してほしい」と呼び掛けた。同委員でつくる協議会の会長山田和夫さんは「熱海署と連携して活動に取り組んでいく。会員には協力を頼みたい」と語った。

 併せて任期を終えた高橋輝夫さん(和田浜南町)、高吉上人さん(和田町)に感謝状を贈った。高橋さんは「会員のおかげで続けられた。これからも活動に協力したい」と話した。

 同委員は非常勤の公務員で、管内で交通安全活動を行うボランティアから署長が推薦し、県公安委員会が委嘱する。委員は次の通り。

 山田和夫(上多賀)工藤鉄吉(桜木町)長島一俊(銀座町)石井良一(相の原町)井沢直美(上多賀)

 【写説】勝又署長から委嘱状を受ける地域交通安全活動推進委員=熱海署

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集