緑色の桜 御衣黄が開花―熱海・起雲閣

熱海版 2019年04月15日

開花が進み緑色の花が来館者の目を引く御衣黄=起雲閣
開花が進み緑色の花が来館者の目を引く御衣黄=起雲閣

 熱海市昭和町の起雲閣の庭園で、花びらが緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」の開花が進み、来館者の目を引いている。

 スタッフによると、開花は例年より若干遅く、20日ごろまで楽しめる見込みという。函南町から訪れた女性は「緑色の桜は初めて見る。きれい」と目を細めた。

 大島桜の一種で、八重咲き。起雲閣には貸し出し部屋「千鳥」の前のほか、庭園入り口付近にも植わる。

 庭園の見学は入館料が必要。問い合わせは起雲閣〈電0557(86)3101〉へ。

 【写説】開花が進み緑色の花が来館者の目を引く御衣黄=熱海市の起雲閣

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集