熱海港海釣り施設管理事務所が改装オープン

熱海版 2019年04月13日

トレーラーハウス2台を横に並べて広さが2倍となった熱海港海釣り施設管理事務所=和田浜南町
トレーラーハウス2台を横に並べて広さが2倍となった熱海港海釣り施設管理事務所=和田浜南町

 ■トレーラーハウス2台並べスペース確保 

 熱海市が和田浜南町にある熱海港海釣り施設の管理事務所を更新し、12日にリニューアルオープンした。移動可能なトレーラーハウスを2台並べて広い内部スペースを確保し、利用者らの利便性向上を図った。

 2009年に台風で損壊したプレハブ事務所に替えて導入したトレーラーハウス(1台)の事務所が10年経過し、老朽化したため更新した。新しい事務所は長さ約12メートル、車幅3・3メートルのトレーラーハウス2台を横に並べ、1台は利用受け付け、もう1台はスタッフの控え室やライフジャケットの乾燥室などに当てた。

 スペースが2倍になることで手狭だった受付カウンター周りもスペースが拡大。男女兼用で1室しかないために不評だったトイレも男女別各1室を用意した。従来通り台風や高潮時にはけん引で移動できるようにした。付帯工事を含めた事業費は約3700万円。

 営業時間や利用料金に変更はない。

 市から委託を受けて運営している同施設管理法人の安田和彦理事長は「市に要望していた乾燥室が確保できて良かった。釣り道具の収納スペースも充実し、利用者の利便性がアップしたほか、スタッフにとっても使いやすくなった」と話した。

 【写説】トレーラーハウス2台を横に並べて広さが2倍となった熱海港海釣り施設管理事務所=熱海市和田浜南町

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集