3人超の激戦必至 あす熱海市議選告示

熱海版 2019年04月13日

 統一地方選の後半戦が14日からスタートする。伊豆地区では、14日に三島市、熱海市、下田市の3市議選、16日に函南町、東伊豆町、松崎町の3町議選がそれぞれ告示され、いずれも21日に投開票される。熱海市では現在現職14人、新人と元職各2人の計18人が立候補を表明しており、定数15を3人上回る激戦となる公算が大きい。

 熱海市議選に立候補を予定しているのは現職が11期の山田治雄氏(91)=水口町=、6期の稲村千尋氏(67)=上多賀=、5期の田中秀宝氏(50)=青葉町=、米山秀夫氏(62)=紅葉ガ丘町=、4期の高橋幸雄氏(63)=伊豆山=、3期の金森和道氏(62)=桜町=、川口健氏(51)=下多賀=、小森高正氏(53)=同=、杉山利勝氏(59)=田原本町=、2期の越村修氏(54)=下多賀=、1期の赤尾光一氏(48)=海光町=、泉明寺みずほ氏(48)=桜町=、竹部隆氏(71)=西山町=、和田翔平氏(30)=水口町=。

 新人は小坂幸枝氏(72)=伊豆山=、後藤雄一氏(57)=東海岸町=、元職は橋本一実氏(54)=清水町=、村山憲三氏(72)=咲見町=。他に立候補に向けた動きはない。

 市選挙管理委員会による立候補の受け付けは市役所で14日午前8時半~午後5時。期日前投票は15~20日に市総合福祉センターと、4会場で各指定日に受け付ける。投票は21日午前7時~午後8時、21の投票所で行われ、初島のみ1日繰り上げて20日に実施する。開票は21日午後9時15分から南熱海マリンホールで行う。

 3月28日現在の選挙人名簿登録者数は3万3550人(男1万5064人、女1万8486人)。

 他市町の立候補予定者は、三島市(定数22)が26人、下田市(同13)が14人、函南町(同16)が18人、東伊豆町(同12)が12人、松崎町(同8)が12人。松崎町は任期満了ではなく、議会解散に伴う町議選となる。

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集