認知症の人や家族、熱海市が支援ガイド作製 希望者に無料配布

熱海版 2019年04月12日

熱海市が作製した認知症ガイドブック
熱海市が作製した認知症ガイドブック

 ■症状、相談先など掲載 

 熱海市はこのほど、認知症の人や家族らを支援する冊子「認知症ガイドブック(認知症ケアパス)」を作製した。市役所や市内3カ所の地域包括支援センターに配備し、希望者に無料配布している。

 認知症ケアパスは、認知症の人や家族が安心して、できる限り住み慣れた自宅で暮らし続けられるよう、症状や相談先、支える手段などをまとめたガイドブック。国の指導を受けて市町村で現在、作製、配布を進めている。

 同市のケアパスはA4判全カラーの14ページ。認知症の種類と症状、加齢によるもの忘れとの違い、自己チェックのテスト、疾患の進行段階別の家族、市、医療機関などの対応と支援体制を紹介。さらに認知症サポート医がいる医療機関、相談窓口、行政の支援事業なども掲載した。

 市長寿介護課の担当者は「認知症の人と家族がいざというときに慌てることなく、自宅で生活していけるようガイドブックを活用してほしい」と話した。

 【写説】熱海市が作製した認知症ガイドブック

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集