「令和 みそ玉」に“衣替え” 熱海の杉本鰹節商店

熱海版 2019年04月10日

新元号記念のパッケージに“衣替え”した「令和 みそ玉」
新元号記念のパッケージに“衣替え”した「令和 みそ玉」

 ■記念パッケージで売り出す

 熱海市昭和町の杉本鰹(かつお)節商店はこのほど、梅の花の形のふを載せた即席みそ汁「みそ玉」を、新元号記念パッケージに“衣替え”し「令和 みそ玉」として売り出した。店主の杉本隆さん(45)は「新元号を祝うとともに、梅を市の花にしている熱海をアピールしたい」と思いを話した。

 「みそ玉」はみそとだし粉、具材を混ぜ合わせた丸めた“手作り保存食”で、だしの魅力を伝えたい―と昨年、商品化した。その後、熱海ブランドの認定を受けた。

 安倍晋三首相の談話で新元号が梅にちなむことを知り、梅の花形のふを載せたみそ玉の記念パッケージを作ることを決めた。デザインは市内に住むクリエーター永田雅之さんに依頼。梅の花をかたどったマークに「新元号記念」の文字を重ね、新元号の典拠を側面に記した。

 みそ玉は3個入りで540円(税込み)。大型連休まで同店のほか、JR熱海駅ビル「ラスカ熱海」内熱海ブランド専門ショップや同駅構内の売店で提供する予定。問い合わせは杉本鰹節商店〈電0557(81)2648〉へ。

 【写説】新元号記念のパッケージに“衣替え”した「令和 みそ玉」

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集