捕獲イノシシ、シカなど190頭供養 熱海ワナの会が鳥獣慰霊祭

熱海版 2019年03月24日

祭壇に手を合わせ、駆除した鳥獣を供養する熱海ワナの会の会員=下多賀
祭壇に手を合わせ、駆除した鳥獣を供養する熱海ワナの会の会員=下多賀

 熱海ワナの会(松尾護会長、会員41人)は22日夕、鳥獣慰霊祭を下多賀の通称「山の神様」にある供養塔で行い、駆除名目で捕獲したイノシシなどを供養した。

 仏式で営まれた慰霊祭には会員、市、JAあいら伊豆の職員約25人が参加。祭壇に焼香し、神妙な面持ちで手を合わせた。あいさつで松尾会長は「好きで駆除しているわけではないが、事故もなく1年を終えることができて良かった」と述べた。

 同JAによると、本年度の捕獲数は2月末現在イノシシ169頭、シカ4頭、ハクビシン17匹。1年間でイノシシ227頭、シカ7頭、ハクビシン22匹を捕獲した前年度に比べて減少している。同JAの担当者は「会員は若手を中心に増えてはいるが、ベテラン会員の高齢化が影響している」と話した。

 【写説】祭壇に手を合わせ、駆除した鳥獣を供養する熱海ワナの会の会員=熱海市下多賀

各地の最新の写真
伊東
テラス・カフェ・一碧湖 あすグランドオープン―伊東
下田
「スポーツ振興を」 第1回推進会議に7人―下田市教委
中伊豆
天城山縦走路で救助訓練 駿東伊豆消防大仁署など
熱海
ツツジ鮮やか、咲き始め 熱海・姫の沢公園

最新写真特集