プリンスのホテル建設計画 熱海市が条例審査適合通知

熱海版 2019年03月22日

 ■来月着工へ

 熱海市はプリンスホテル(東京都豊島区)が春日町で進めるホテル建設計画に対し、市まちづくり条例に基づく審査に適合したことを通知した。同社は市や利害関係者と工事などに関する協定をそれぞれ締結し、4月に建設に着手する。審査適合通知書については現在、市が縦覧を行っている。

 予定地はJR熱海駅の北東、伊豆箱根バス熱海営業所跡地約1668平方メートル。市に提出された開発事業計画書などによると、ホテルは鉄筋コンクリート造り8階建て延べ床面積3754平方メートルで、客室は125室。完成は来年5月を予定している。ホテルの名称、開業時期などは未定。

 審査適合通知書の縦覧は29日まで、市まちづくり課窓口で平日の業務時間内に受け付けている。

 西武グループに属する同社は社名ブランドのホテルを中心に都市型、リゾートホテル、スポーツ・レジャー施設などを国内外で展開している。

各地の最新の写真
伊東
テラス・カフェ・一碧湖 あすグランドオープン―伊東
下田
「スポーツ振興を」 第1回推進会議に7人―下田市教委
中伊豆
天城山縦走路で救助訓練 駿東伊豆消防大仁署など
熱海
ツツジ鮮やか、咲き始め 熱海・姫の沢公園

最新写真特集