消費税軽減税率など学ぶ 税務署統括官招き税務大学講座―熱海

熱海版 2019年03月13日

野田さんの解説に耳を傾ける受講者=起雲閣
野田さんの解説に耳を傾ける受講者=起雲閣

 熱海伊東法人会と熱海伊東間税会、熱海税務署はこのほど、熱海市の起雲閣で「税務大学講座」を開いた。会員ら約20人が、今年10月の消費税率引き上げとともに実施される軽減税率制度や、2023年10月から仕入れ税控除に必要な適格請求書などの保存方式(インボイス制度)を学んだ。

 熱海税務署の統括国税調査官野田和博さんが講師を務め、資料を基に解説した。飲食料品の軽減税率について「レストランやイートインスペースのある小売店は、商品の提供時に客にテークアウトするかを確認して税率を決める」と話した。

 適格請求書を発行できるのは税務署に登録された事業者だけと説明し「23年10月の導入に向け、早めに動いた方がいい」と助言した。

 熱海伊東間税会の坂本正実会長は「軽減税率とインボイス制度は複雑かつ重要な制度。少しずつでも事業者に浸透するよう勉強会を今後も開催していきたい」と語った。

 【写説】野田さんの解説に耳を傾ける受講者=熱海市の起雲閣

各地の最新の写真
伊東
祐親まつり「伊東の祖」たたえる 献花、作品読み上げ、作者表彰 
下田
600人超、田植えに汗 石部の棚田、オーナー家族ら―松崎
中伊豆
武者気分でチャンバラ 山中城跡でイベント―三島商議所青年部
熱海
180人が力泳、力走 長浜海水浴場でアクアスロン―熱海

最新写真特集