そば打ちサークル、本格活動前に体験会 甲斐さん指導―熱海

熱海版 2019年03月13日

そば粉からのそば作りに挑戦する参加者=市いきいきプラザ
そば粉からのそば作りに挑戦する参加者=市いきいきプラザ

 熱海市にこのほど、そば打ちサークルが誕生した。12日には、市いきいきプラザで初の手作りそば教室を開き、熱海、伊東から参加した5人が手打ちそば体験を楽しんだ。

 主宰しているのは桜木町の甲斐弘已さん。甲斐さんは埼玉県草加市のサークルに所属した経験があり、そば打ち歴約8年。3カ月前に熱海に転居し、気軽にそば打ちを楽しんでほしいとサークルを立ち上げた。「今後もそば打ちを通じて、地域のコミュニケーションの活性化につなげたい」と語った。

 参加者は草加市のそば粉を使った二八そば作りに挑戦した。粉に水を加える工程では、甲斐さんが手本を見せ、生地の硬さや手順を確認しながら作業した。「水は一度に入れない」「手のひらで固めるようにまとめる」とこつを学んだ。昭和町の高橋美江子さんは「生まれて初めてそばを打った。粉がだんだんまとまっていく様子に感動した」と話した。

 4月から本格的に活動を始める予定で、そば打ちやそば店の食べ歩きを予定しているという。問い合わせは甲斐さん〈携帯090(7201)8767〉へ。

 【写説】そば粉からのそば作りに挑戦する参加者=熱海市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
うろこに花火、果物 荻幼にこいのぼり“泳ぐ”―伊東
下田
ドリアンテス・パルメリー本格開花 東伊豆・バナナワニ園
中伊豆
移住者向けに生活マップ 伊豆の国市、公共交通、買い物情報掲載
熱海
地域交通安全活動推進委員 再任5人に委嘱状―熱海署

最新写真特集