第2回熱海映画祭6月28日~7月1日に開催

熱海版 2019年03月12日

 熱海市は11日、第2回熱海国際映画祭(実行委員会主催)を6月28日~7月1日の日程で開催することを公表した。市議会観光建設公営企業委員会で概要を明らかにした。

 市と実行委によると、熱海後楽園ホテル、熱海ニューフジヤホテル、ホテル・サンミ倶楽部、熱海商工会議所などを会場に未公開作品のインターナショナル・コンペティション部門、招待映画、企画映画などを上映する。

 ■すでに880本応募 後楽園で開幕式典

 28日のレッドカーペットとオープニングセレモニーは後楽園ホテルで。昨年のNHK大河ドラマ「西郷どん」のエンディングテーマを歌ったオーストラリア出身の歌手サラ・オレインさんと、世界的ピアニストのクリヤ・マコトさんのシネマ・ミュージック・コンサートも開催する。

 期間中は映画音楽のコンサート、映画製作者向けセミナー・ワークショップなども計画。コンペ部門の授賞式とクロージングセレモニーは30日に同ホテルで開催し、7月1日にはグランプリ受賞映画の上映会を行う。

 未公開作品の応募状況は2月末現在、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、韓国、台湾など世界73の国と地域から計880本。実行委によれば、最終的に1509本の応募があった前回を上回るペースで、質の高い作品も多いという。

 担当者は「PRの不足や遅れなど前回の反省を踏まえて準備を進めている。一人でも多くの人が会場に足を運び、映画に親しんでもらえるようにしたい」と話した。

 ■第1回GP作品、18日に試写 英国、台湾合作の「ザ・レセプショニスト」主演女優ら舞台あいさつ

 熱海国際映画祭実行委員会は18日午後6時から、昨年の第1回映画祭でグランプリを受賞した「ザ・レセプショニスト」の市民・メディア向け試写会を熱海市和田浜南町のホテル・サンミ倶楽部で開く。

 東京、名古屋、大阪と県内のイオンシネマ4館での上映に先立つ試写会。英国、台湾合作の作品はロンドンの風俗店の受付で働く台湾人女性の視点でさまざまな人間模様を描いている。主演のテレサ・デイリーさんはハリウッド進出も果たした台湾のトップ女優で、監督のジェニー・ルーさん(英国籍)は数々の映画祭で受賞経験がある。試写会では2人の舞台あいさつも予定している。

 試写会は午後5時半開場で入場無料。定員は先着150人。参加希望者は当日会場へ。

各地の最新の写真
伊東
宇野さん(伊東高2年)県3連覇 剣詩舞コンク
下田
西伊豆、賀茂両中が交流 元日本代表招きラグビー体験
中伊豆
タカアシガニ110匹放流 戸田小生「参加うれしい」―戸田港沖
熱海
マスターズ水泳開幕 全国から304チーム1196人―熱海

最新写真特集