避難路、設備を点検 駅舎など7カ所立ち入り―熱海市消防本部

熱海版 2019年03月02日

パッケージ型消火器の点検をする職員ら=JR熱海駅
パッケージ型消火器の点検をする職員ら=JR熱海駅

 春季全国火災予防運動(7日まで)が始まった1日、熱海市消防本部は市内の駅舎など7カ所で立ち入り検査を行った。JR熱海駅では、職員4人と岩本正人助役が避難経路や消防設備の状態を確認した。

 5人はパッケージ型消火器の収納ボックスを開き、ホースが劣化していないか、使用可能か目視でチェックした。避難経路は実際に歩き、障害物の有無も確かめた。同本部の杉野巧予防室長は「市民と観光客の安心・安全のため、施設管理者には避難経路の確保と維持管理に努めてほしい」と話した。

 同駅によると、1日平均の利用者は約2万人で、春の行楽シーズンは2万5千人ほどになるという。岩本助役は「利用客に快適に乗車してもらうため、日常点検は欠かせない」と語った。

 【写説】パッケージ型消火器の点検をする職員ら=JR熱海駅

各地の最新の写真
伊東
うろこに花火、果物 荻幼にこいのぼり“泳ぐ”―伊東
下田
ドリアンテス・パルメリー本格開花 東伊豆・バナナワニ園
中伊豆
移住者向けに生活マップ 伊豆の国市、公共交通、買い物情報掲載
熱海
地域交通安全活動推進委員 再任5人に委嘱状―熱海署

最新写真特集