無添加・減塩のみそ仕込む 熱女連が教室―熱海

熱海版 2019年02月19日

つぶした大豆と麹、塩を丁寧に混ぜ合わせる参加者=市いきいきプラザ
つぶした大豆と麹、塩を丁寧に混ぜ合わせる参加者=市いきいきプラザ

 ■「手造りで家族の健康を」 25人参加 戸田塩など使い丁寧に

 熱海女性連絡会は18日、みそ造り教室を熱海市いきいきプラザで開いた。会員25人が参加して、無添加・減塩のみそ造りに取り組んだ。

 大豆は北海道産を用意した。参加者は一晩水に漬けておいた大豆を圧力釜で煮て、蒸らした後、布袋に入れて、足で踏んでよくつぶした。大豆を冷ましてから容器の中で米・麦麹(こうじ)、戸田塩と丁寧に混ぜ合わせた。

 31回目を数える人気の教室で、継続して参加する会員も多い。岩崎栄子さん(72)は「手造りのみそはとてもおいしいから、何が何でも参加する。寝かせておくと甘みがでる。今年も食べるのが楽しみ」、太子嘉子さん(70)は「孫が楽しみにしているから、今年も送るつもり」と話し、仲間と一緒に作業を進めた。

 出来上がったみそは3、4キロずつ持ち帰った。冷暗所に半年ほど寝かせておくとおいしくなるという。滝野慶子会長は「愛情込めた手造りみそを使って、家族の健康を守ってほしい」と語った。

 【写説】つぶした大豆と麹、塩を丁寧に混ぜ合わせる参加者=熱海市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
伊東は高島礼子さんら 連続ドラマ「料理人ワタナベ」ゲスト発表
下田
現職と新人各7陣営、1超、少数激戦か 下田市議選予定者説明会
中伊豆
「地酒で乾杯条例」可決 最終本会議終了後にデモ―伊豆市議会
熱海
のぼり旗で静岡DCPR 機運盛り上げへ熱海市

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)