節分、福求め人だかり―熱海

熱海版 2019年02月04日

多くの著名人がまく豆を拾う来場者たち=来宮神社
多くの著名人がまく豆を拾う来場者たち=来宮神社
福を求めて手を伸ばす地域住民ら=伊豆山神社
福を求めて手を伸ばす地域住民ら=伊豆山神社
福豆や菓子を取ろうと手を伸ばす市民ら=今宮神社
福豆や菓子を取ろうと手を伸ばす市民ら=今宮神社

 節分の3日、熱海市内の各神社などで、豆まきが行われた。西山町の来宮神社、伊豆山の伊豆山神社、桜町の今宮神社では、年男・年女、祭典委員会関係者らが威勢良く豆をまき、福を求める市民や行楽客らでにぎわった。

 ■江原さんら「鬼は外」 来宮神社

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)の節分祭(岸秀明委員長)は多くの著名人がゲストとして参加。祭典関係者らと無病息災を祈り、豆をまいた。

 特別年男女として同神社特別崇敬者でスピリチュアリストの江原啓之さんや俳優の黒田アーサーさん、歌手三沢あけみさん、市内出身の舞台女優木島多美子さん、市内に住む歌手高瀬一郎さんらが登場。本殿前の特設舞台上から福豆や福銭、菓子を「鬼は外、福は内」の掛け声に合わせ、威勢良くまいた。境内は多くの来場者であふれ、「こっちにもまいて」などと猛アピールした。

 掃除機や空気清浄機、肩もみ機、オリジナル・クオカードなどの景品が当たる恒例の福引きもあり盛り上がった。

 ■本殿前、歓声上がる 伊豆山神社

 伊豆山神社(原嘉孝宮司)の節分祭(菅谷正実行委員長)は、神事に続いて年男・年女、実行委員、勝俣孝明衆院議員らが本殿前の特設舞台から盛大に福豆や福餅、菓子をまいた。

 神事には大舘大節生総代会長や実行委員らが参列し、無病息災や家内安全を祈願した。

 豆まき式が始まると、子どもからお年寄りまでが福を求めて特設舞台の三方を囲み、「こっちにもちょうだい」などと歓声を上げながら手を伸ばした。持参した袋を広げてアピールする子どもらもいた。

 恒例の福引は、家具調こたつ、掃除機、洗濯機などの豪華景品が用意された。豆まき前に、当選番号が境内に張り出されると、福豆に添えられた番号札を確認する住民らが囲んだ。

 観光客向けの新企画として、非常持ち出しセットなどの防災グッズの当たるスピードくじも催し、好評を得た。

 ■ゲストに俳優2人 今宮神社

 今宮神社(泉明寺みずほ宮司)の節分祭(山本哲同祭実行委員長)では、厄よけ祈願祭に続いて盛大に豆まきを行った。

 ゲストに俳優の伊達直斗さん、半田健人さんを迎えた。年男年女、神社関係者、来賓らが交代で境内に設置された舞台に上がり「福は内」と大きな掛け声とともに福豆、菓子、紅白餅などを勢い良くまいた。

 訪れた地域住民や観光客は今年一年の福を求めて懸命に手を伸ばした。子どもからお年寄りまで多くの人が、歓声を上げて舞台前に詰めかけ、境内は熱気に包まれた。

 豆まき後はミニバイクや液晶テレビなどの豪華景品を用意した恒例の福引きが催され、盛り上がった。

 【写説】多くの著名人がまく豆を拾う来場者たち=熱海市の来宮神社

 【写説】福を求めて手を伸ばす地域住民ら=熱海市の伊豆山神社

 【写説】福豆や菓子を取ろうと手を伸ばす市民ら=熱海市の今宮神社

各地の最新の写真
伊東
サッカー・マーレ杯U―9熱戦 市内外から10チーム―伊東 
下田
市民後見人、11人が修了 下田市社協が養成講座
中伊豆
明治から平成、女将の雛300体 修禅寺、庭園特別観賞も―伊豆
熱海
昭和の名曲披露 FM熱海・湯河原20周年記念

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)