あたみ桜58本満開 11日までまつり―熱海・糸川遊歩道

熱海版 2019年01月31日

見頃を迎え、花見客の目を引くあたみ桜=糸川沿い
見頃を迎え、花見客の目を引くあたみ桜=糸川沿い

 ■毎日夜11時まで電照も 

 熱海市の中心市街地の糸川遊歩道で、あたみ桜が満開となり、糸川を覆うように咲き誇るピンク色の花が行楽客の目を引いている。糸川沿いには58本が植わる。市によると昨年に比べて若干早く咲き進んでいて、花は2月半ばごろまで楽しめる見込みという。

 同遊歩道では「あたみ桜・糸川桜まつり」が開催中で、イベントのない平日にも散策や撮影を楽しむ花見客でにぎわっている。趣味の仲間9人で訪れた横浜市の坂本梅子さん(70)は「何回か見に来ているけれど、今年はちょうど見頃で良かった。今まで見た中で一番きれい」と満足そうに話した。

 飲食店で紹介されて遊歩道まで足を延ばしたという神奈川県綾瀬市の尾上妙子さん(74)と横浜市の矢向とめ子さん(74)は「あたみ桜を見るのは初めて。この時期にこんなに咲いているとは思わなかった」と声を弾ませた。

 同まつりは2月11日まで。期間中は毎日午後4時半~11時にあたみ桜をライトアップする。土・日曜日と祝日には桜茶・緑茶のサービスや大道芸、バンド演奏などを催す。飲食の出店もある。

 問い合わせは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】見頃を迎え、花見客の目を引くあたみ桜=熱海市の糸川沿い

各地の最新の写真
伊東
うろこに花火、果物 荻幼にこいのぼり“泳ぐ”―伊東
下田
ドリアンテス・パルメリー本格開花 東伊豆・バナナワニ園
中伊豆
移住者向けに生活マップ 伊豆の国市、公共交通、買い物情報掲載
熱海
地域交通安全活動推進委員 再任5人に委嘱状―熱海署

最新写真特集