用紙いっぱいに「一筋の道」 多賀小で書き初め大会―熱海

熱海版 2019年01月09日

懸命に作品を仕上げる児童たち=多賀小
懸命に作品を仕上げる児童たち=多賀小

 ■児童、黙々と筆走らす 

 熱海市立多賀小(露木いつよ校長、児童350人)は8日、5、6年生を対象に書き初め大会を開いた。児童たちは良い作品を完成させようと懸命に筆を走らせた。

 6年生59人は書き初め用紙いっぱいに課題の「一筋の道」を書いた。児童たちは慣れない筆で黙々と取り組み、一字ずつしっかりと書き上げていった。開始から30分後には完成させ、早々と提出する児童も多かった。

 大川ゆず音さんは「『の』の字の筆の向きが変わるところが難しかった。全体的には上手にできたと思う」と話した。

 3、4年生は後日実施し、各クラスの代表者は作品を東豆地区小中学生書き初め展などに提出する。市内各小中学校でも1月上旬に行っている。

 【写説】懸命に作品を仕上げる児童たち=熱海市の多賀小

各地の最新の写真
伊東
照明7基で立体的にベンツーラ号ライトアップ 伊東按針記念公園
下田
寝姿山山頂にレストラン 今夏、下田ロープウェイ
中伊豆
津波警戒指定経緯盛り込む 伊豆市防災まちづくり計画
熱海
熱海後楽園の複合型リゾート、28日開業 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)