消防出初め式、155日無火災記録に感謝―熱海

熱海版 2019年01月08日

海に向け一斉に放水する消防団員たち=ムーンテラス
海に向け一斉に放水する消防団員たち=ムーンテラス

 ■500人、防火・防災へ意識新た 表彰、パレード、放水

 熱海市消防出初め式が7日、渚町の熱海親水公園をメイン会場に開かれた。市消防団員、消防署員、市防火協会幼年消防クラブの園児、来賓ら約500人が参加した。式典で消防活動に功労のあった団員らをたたえ、行進や一斉放水を通じて防災・防火への意識を新たにした。

 式典では勤続功労団員や企業、団員の家族ら、延べ89人と3団体、10家族が表彰状・感謝状を受けた。12月25日に網代で発生した車両火災の初期消火を行ったとして、内辰商店(網代)にも感謝状が贈られた。

 稲田達樹消防長は「過去2番目に長い155日の無火災期間を記録できたのは消防団、自主防災会の積極的な予防活動のたまもの」と感謝し、斉藤栄市長は「来年度は第2分団の詰め所の新築に着手できるよう、事業を進めたい。消防団員の活動しやすい環境整備に取り組む」と述べた。桜井佳久団長は「消防団は地域防災力の中核として、市民の期待も大きい。団員のさらなる精進・努力に期待する」と団員を激励した。

 この後、銀座通りでパレードを行った。分団ごとに団員が足並みをそろえて行進し、ポンプ車、はしご車などが連なった。ムーンテラスで一斉放水を実施し、出初め式を締めくくった。

 【写説】海に向け一斉に放水する消防団員たち=熱海市のムーンテラス

各地の最新の写真
伊東
照明7基で立体的にベンツーラ号ライトアップ 伊東按針記念公園
下田
寝姿山山頂にレストラン 今夏、下田ロープウェイ
中伊豆
津波警戒指定経緯盛り込む 伊豆市防災まちづくり計画
熱海
熱海後楽園の複合型リゾート、28日開業 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)