梅まつり5日に開幕 歓迎看板お目見え、一大イベントPR―熱海

熱海版 2018年12月31日

 ■初日、大島と交歓会 土・日・祝日中心に催し

 熱海市の熱海梅園で1月5日、「第75回梅まつり」が開幕する。梅園の正面入り口では梅の開花が進み、期間中の行事を紹介する歓迎看板もお目見えして熱海の新春を彩る一大イベントをPRしている。

 初日は熱海・大島交歓会や熱海囃子(ばやし)笛伶会の演奏などを開催する。交歓会にはミス熱海・梅の女王、梅娘、桜娘、ミス椿の女王、ミス大島らが参加し、来園者を歓迎する。ミス熱海撮影会、大道芸、甘酒無料サービスも実施する。

 3月3日までの期間中、土・日曜日と祝日を中心に熱海芸妓(げいぎ)連による演芸会、新春梅見落語会、和太鼓演奏、歌謡ショーなどを繰り広げる。

 歓迎看板は主催する市観光協会が設置した。縦1・8メートル、横2・7メートルで行事日程と合わせて、1月12~2月11日に糸川遊歩道で開く「あたみ桜糸川まつり」を紹介している。

 期間中の熱海梅園は午前8時半~午後4時の入園が有料となる。料金は一般300円(中学生以下無料)、団体(11人以上)200円、市民・市内宿泊者は100円。問い合わせは同協会〈電0557(85)2222〉へ。

 園内での主なイベントは次の通り。

 新春梅見落語会(1月5、6、13、20、27日、2月3、10、17、24、3月3日)▽熱海芸妓連演芸会(1月27日、2月11日)▽磐梯熱海温泉キャンペーン(2月10日)▽熱海菓子商工業組合謝恩デー(2月17日)▽熱海温泉ホテル旅館協同組合謝恩デー(2月24日)

 【写説】「梅まつり」期間のイベントを紹介する歓迎看板=熱海梅園

各地の最新の写真
伊東
照明7基で立体的にベンツーラ号ライトアップ 伊東按針記念公園
下田
寝姿山山頂にレストラン 今夏、下田ロープウェイ
中伊豆
津波警戒指定経緯盛り込む 伊豆市防災まちづくり計画
熱海
熱海後楽園の複合型リゾート、28日開業 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)