感染症予防の知識、技術 介護士ら50人が研修―熱海保健所主催

熱海版 2018年12月01日

施設内の2次感染予防へ吐物処理を実習する参加者=熱海市いきいきプラザ
施設内の2次感染予防へ吐物処理を実習する参加者=熱海市いきいきプラザ

 県熱海保健所主催の2018年度「高齢者施設向け」冬季感染症予防対策研修会が30日、熱海市いきいきプラザで開かれた。管内の熱海、伊東両市の高齢者福祉施設の介護士や看護師、市の担当職員ら約50人が参加し、感染症予防の知識と技術を研さんした。

 流行する冬季を前に毎年行っている。同保健所保健師、順天堂大学付属静岡病院の担当医師、伊東市民病院の感染管理認定看護師が講師を務めた。

 研修会では全国、県内、管内におけるインフルエンザや感染性胃腸炎の直近の発生状況、発生時の対応、ウイルス性肝炎などについての講義を聴き、個人用防護服の装着・着脱、手指衛生技術、おう吐物の処理方法といった二次感染を防ぐ実習に熱心に取り組んだ。熱海市の施設から参加した大羽賀明美さん(55)は「復習の意味でためになる。▽感染症を広げない▽持ち込まない▽持ち出さない―の3原則を徹底したい」と話した。

 【写説】施設内の2次感染予防へ吐物処理を実習する参加者=熱海市いきいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
県バスケ協 優秀選手に櫛引君(伊東南中3年)
下田
密漁パトロール開始 白浜漁業管理運営委―下田
中伊豆
児童がキャラ、アニメ創作 うるまでるび芸術教室―三島中郷小
熱海
あたみ桜開花 熱海梅園園内に10輪

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)