保育園で読み聞かせ 熱海中2年生、38事業所で職場体験

熱海版 2018年11月16日

園児とコミュニケーションを取りながら絵本を読み聞かせる生徒=栄光熱海中央保育園
園児とコミュニケーションを取りながら絵本を読み聞かせる生徒=栄光熱海中央保育園

 熱海市立熱海中(片山敬良校長)の2年生92人は15、16の両日、市内外の38事業所で職場体験を行っている。総合的な学習の一環で、生徒は保育やサービス、販売業など多様な事業所から希望する職種を選び、将来の職業選択に役立てる。

 上宿町の栄光熱海中央保育園では、3人が0、1歳児のクラスで絵本の読み聞かせや給食の手伝いなどに当たり、保育士の仕事を学んだ。生徒は読み聞かせの合間に絵を指さし、「くまちゃんかわいいね」「おいしそうに食べているね」などと声を掛け、園児とコミュニケーションを図った。

 山田百合愛さんは「保育士さんは雰囲気が優しく、子どもと同じ気持ちで接していると感じた。言葉遣いや接し方に気を付けたい」と話した。

 【写説】園児とコミュニケーションを取りながら絵本を読み聞かせる生徒=熱海市の栄光熱海中央保育園

各地の最新の写真
伊東
アカテタマリン双子人気 シャボテン動物公園―伊東
下田
トイレトレーラー購入 全国で3番目―西伊豆町
中伊豆
「ひとり親」移住促進 伊豆市がツアー、トークや見学実施
熱海
ゴール目指し力走 多賀小がマラソン大会―熱海

最新写真特集