国内初公衆電話、ケーキに ミクラスが“復元”―熱海

熱海版 2018年11月09日

自信作というクリスマスケーキ「ノスタルジック・ボックス」を披露する福岡さん=東海岸町のホテル・ミクラス
自信作というクリスマスケーキ「ノスタルジック・ボックス」を披露する福岡さん=東海岸町のホテル・ミクラス

 ■Xマスに限定販売

 熱海市東海岸町のホテル・ミクラス(小川修司総支配人)は8日までに、上宿町にある国内初の公衆電話をモチーフにしたクリスマス限定スペシャルケーキ「ノスタルジック・ボックス」を作り、予約を開始した。

 デザインの基になったのは、1890年に熱海―東京にわが国最初の市外通話が開通したことを記念し、東京・京橋にあった国内初の公衆電話を復元した白塗り六角形の電話ボックス。熱海ならではのスペシャルケーキを作ろうと、パティシエの福岡嗣人さん(35)がアイデア探しの街歩きの中で一目見てひらめき、試作を重ねながら約2カ月かけて完成にこぎ着けた。

 ケーキはケークショコラと生チョコレートで作った土台が縦・横各20センチ、高さ25センチ。電話ボックスはクッキーで組み立て、ボックス内にはピスタチオ、レモン、木イチゴなどを使ったカラフルなマカロンなどを詰め込んだ。屋根を開けた中にはスポンジのショートケーキを入れるサプライズも。白塗りの壁と茶色の屋根はチョコレートを塗って仕上げた。価格は1万2千円で、限定10個の予約販売。透明のアクリルケースに入れて12月22~25日に引き渡す。

 福岡さんは「図面を書くことに始まった六角形のボックスの製作に苦労した。自信を持ってお届けできるものに仕上がった」と胸を張り、完成した試作品を披露した。

 予約・問い合わせは同ホテル〈電0557(86)1111〉へ。

 【写説】自信作というクリスマスケーキ「ノスタルジック・ボックス」を披露する福岡さん=熱海市東海岸町のホテル・ミクラス

各地の最新の写真
伊東
少子化対策や新構想高 県議会が出前講座、伊東商3年と意見交換
下田
59ヘクタール、2万6千キロワット メガソーラー起工―南伊豆町大瀬
中伊豆
修善寺IC―大平IC 19~21日、夜間通行止め
熱海
ボージョレ・ヌーボー解禁 朝早くからワイン愛好者―熱海

最新写真特集