きょう立冬 べっ甲色のカラスミ、店先に―熱海

熱海版 2018年11月07日

冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=咲見町の豊漁ひもの店
冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=咲見町の豊漁ひもの店

 7日は二十四節気の一つ「立冬」。暦の上では冬の始まりとされる。熱海市内の干物店や土産物店では、各店手作りの冬の珍味「カラスミ」の天日干しが行われている。

 カラスミは、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩を抜いた後に乾燥させた食材。30年以上作っている咲見町の豊漁ひもの店では、店先に並ぶべっ甲色のカラスミが観光客らの目を引いている。湊克重代表は「『熱海でも作っているのか』と驚く人もいる。今年は台風で作るのが遅れたけれど、いいものができた」と話した。

 【写説】冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=熱海市咲見町の豊漁ひもの店

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集