きょう立冬 べっ甲色のカラスミ、店先に―熱海

熱海版 2018年11月07日

冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=咲見町の豊漁ひもの店
冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=咲見町の豊漁ひもの店

 7日は二十四節気の一つ「立冬」。暦の上では冬の始まりとされる。熱海市内の干物店や土産物店では、各店手作りの冬の珍味「カラスミ」の天日干しが行われている。

 カラスミは、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩を抜いた後に乾燥させた食材。30年以上作っている咲見町の豊漁ひもの店では、店先に並ぶべっ甲色のカラスミが観光客らの目を引いている。湊克重代表は「『熱海でも作っているのか』と驚く人もいる。今年は台風で作るのが遅れたけれど、いいものができた」と話した。

 【写説】冬の珍味・カラスミを店先に干す店員=熱海市咲見町の豊漁ひもの店

各地の最新の写真
伊東
アダムス像“引っ越し” ベンツーラ号の隣へ―伊東・按針パーク
下田
ニュースポーツ3競技楽しむ 河津の小学生―「遊び名人塾」
中伊豆
「大きな輪つくり前進」 三島商議所女性部賀詞交歓会に50人
熱海
「整理収納術」を習得 市民教室、最終回で“変化”発表―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)