神幸行列 勇ましく練る―今宮神社例大祭

熱海版 2018年10月20日

神輿を担ぎ地域を練る若衆=桜町の今宮神社近く
神輿を担ぎ地域を練る若衆=桜町の今宮神社近く

 ■きょう稚児舞、神輿パレード

 熱海市桜町の今宮神社(泉明寺みずほ宮司)の例大祭・西部観光祭が19日に開幕した。呼び物の神幸行列が勇ましく地域を練り、西部地区は祭りムードに包まれた。20日まで。

 社伝神楽や神社神輿(みこし)、本年度厄年奉賛会「今宮和田奉十絆会(わだぶじゅうばんかい)」が担ぐ御鳳輦(ごほうれん)などが神社を出発し、約3時間かけて地区を巡行した。厄年奉賛会のメンバーは、道中で見物客に福餅やお神酒を配った。各町内の子ども神輿も神社周辺を練り、祭りを盛り上げた。

 夕方からは宵宮祭、奉納演芸大会が催され、市指定無形民俗文化財の獅子神楽、稚児舞「豊栄の舞」を保存会や地域の女児が奉納した。県立熱海高エイサー部による演舞の披露もあった。20日は午後4時から例大祭神事を行い、神楽と稚児舞を奉納する。6時からは神輿パレードを繰り広げる。熱海魚市場、清水橋、下天神町交差点、起雲閣、天神町交差点を経て6時50分に第二小グラウンドに到着する。宮入は7時半の予定。

 ■きょう、あす例大祭 和田木神社

 熱海市下多賀の和田木神社で20、21日に例大祭が開かれる。初日は午後2時から宵宮式典を執り行う。2日目は午前10時からの神事に続き、境内で青年会が獅子神楽を奉納する。

各地の最新の写真
伊東
少子化対策や新構想高 県議会が出前講座、伊東商3年と意見交換
下田
59ヘクタール、2万6千キロワット メガソーラー起工―南伊豆町大瀬
中伊豆
修善寺IC―大平IC 19~21日、夜間通行止め
熱海
ボージョレ・ヌーボー解禁 朝早くからワイン愛好者―熱海

最新写真特集