絵画の全国公募展、米山さん(熱海中)窪田さん(多賀小)入選

熱海版 2018年10月05日

入選作品「美しい花」を手にする米山さん
入選作品「美しい花」を手にする米山さん
入選作品「花」を手にする窪田さん
入選作品「花」を手にする窪田さん

 ■アトリエブデン教室生 「花」テーマに工夫 

 熱海市の「アトリエブデン絵画教室・子ども絵画造形教室」の生徒2人がこのほど、全国公募展「第65回日本ジュニア展」で入選した。米山結唯さん(熱海中1年)と窪田裕花浬さん(多賀小5年)で、それぞれ「今年も選ばれるとは思わなかった」「頑張って描いたからうれしい」と喜びを話した。

 米山さんは水彩「美しい花」を出品し、4回目の入選を果たした。「花の色を本物に近づけるために、いろいろな色を使った。枝も感じが出るように描き方を工夫した」と振り返り「デッサンにも挑戦していきたい」と意欲を話した。

 窪田さんの入選作は水彩「花」で、背景にパステルカラーの折り紙片をちりばめるように貼った。3回目の入選で「青い花を一つずつ丁寧に描いた。塗り方を工夫し、紙も花がきれいに見えるように貼った。工夫して描くのは楽しい」と笑顔を見せた。

 指導に当たる日本画家坂本武典さんは「窪田さんは目が対象を正確に追えるようになった。米山さんは背景の色も独自に表現している」と評価した。

 同展は二科展のジュニア部門が発祥で、日本ジュニア美術協会が主催する。今回は1179点の応募があり、入賞に次ぐ入選は310点だった。

 【写説】入選作品「美しい花」を手にする米山さん

 【写説】入選作品「花」を手にする窪田さん

各地の最新の写真
伊東
感電の危険性など確認 東電伊東支社、消防などが訓練
下田
「唐人お吉を作った男たち」 幕末お吉研が22日、出版―下田
中伊豆
大しめ縄、仕上げ 出入職人ら「心込め、太めに」―三嶋大社
熱海
キバナアマが黄色い花 熱海梅園で見頃

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)