髪失った子にウイッグを 美容室経営の片上さん―熱海

熱海版 2018年09月14日

清涼飲料1本につき10円を寄付に当てるオリジンル自販機を店頭に設置した片上さん=中央町の美容室ちゅらさん
清涼飲料1本につき10円を寄付に当てるオリジンル自販機を店頭に設置した片上さん=中央町の美容室ちゅらさん

 ■店頭に寄付型自販機 清涼飲料、小物を販売

 熱海市中央町の「美容室ちゅらさん」の店頭にこのほど、ユニークな自動販売機がお目見えした。病気や事故で髪の毛を失った子どもたちに無償でウイッグ(かつら)を提供する活動に協力している経営者の片上隆志さん(37)がメーカーに特別注文したオリジナルの寄付型自販機で、扱う商品は清涼飲料に加えて特製小物などさまざま。売り上げの一部は寄付に充て、利用する市民らが社会貢献できる仕組みにした。

 片山さんは美容師の技能を生かして3年ほど前から、髪の毛を失った子どもに髪の毛を提供するヘアドネーション活動に参加。利用者から提供の申し出があった髪の毛をカットし、ウイッグを製作するNPO法人2団体に送っている。さらに店内に募金箱を置き、資金面でのサポートも続けている。

 自販機は大手飲料メーカーの寄付型自販機にヒントを得て発注した花柄などが目を引くデザインで、清涼飲料の他に小物も販売している。清涼飲料は沖縄が好きという片上さんこだわりの沖縄のさんぴん茶、緑茶、コーヒーなど味と品質、価格で商品を厳選。小物については知人の作家や職人に制作を依頼したリボン、髪留めの「和ゴム」などのアクセサリーを透明容器に収めて売っている。

 清涼飲料は1本につき10円、300円のリボンは50円を寄付に充て、ペットボトル1本、ちょっとしたおしゃれでできる社会貢献を自販機で実現。市民や観光客にヘアドネーション活動への理解と協力を求めている。 片上さんは「ヘアドネーション活動の認知度を上げ、ウイッグを順番待ちする大勢の子どもたちの手元に早く届くようにしたい」と話した。

 【写説】清涼飲料1本につき10円を寄付に当てるオリジンル自販機を店頭に設置した片上さん=熱海市中央町の美容室ちゅらさん

各地の最新の写真
伊東
いでゆ鎌田会は市民病院清掃 社会奉仕の日に合わせ伊東市老ク連
下田
息止め、潜水など3種目 フリーダイビング―下田大会に25人
中伊豆
沼響弦楽四重奏など鑑賞 三嶋暦の会演奏会に80人 
熱海
黄金色に輝くススキ 野山、道路沿いで穂開く―熱海市郊外

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)