光アートと音楽融合 「熱海芸術祭」17日開幕

熱海版 2018年09月06日

ムーンテラスを舞台に繰り広げる「ムーンライトショウ」のイメージ画像(市提供)
ムーンテラスを舞台に繰り広げる「ムーンライトショウ」のイメージ画像(市提供)

 秋の熱海を舞台にした芸術のイベント「熱海芸術祭」(実行委員会主催)が17日~11月30日、熱海市内各所で催される。光アートと音楽を融合させた「熱海の星と海 ムーンライトショウ」をはじめ、月の道薪能、熱海梅園アート・クラフトフェスティバル、アタミ・アート・エキスポなどを繰り広げる。実行委員会は「文化の町・熱海を舞台に、新しい芸術の息吹を感じてほしい」と話す。

 17日の熱海海上花火大会がオープニングを飾る。ムーンライトショウはムーンテラスを舞台に9月29、30日と10月2~7日の各日午後7時半から催す。日替わりでさまざまな演奏家がデュオ(2人組)で出演してパフォーマンスを披露し、8時からはプロジェクション・マッピングなど光のアートで海辺を彩る。

 実行委は「海辺でのひとときを過ごした後は、熱海の夜の街も楽しんでもらえたらうれしい」とにぎわい創出に期待する。

 月の道薪能は9月22日午後5時から、熱海サンビーチ特設舞台で開催する。砂浜や遊歩道からの鑑賞は無料で、有料席も設ける。熱海梅園アート・クラフトフェスティバルは10月19~21日で、全国各地から工芸作家が熱海梅園に集まり出展する。アタミ・アート・エキスポは10月26~28日の起雲閣をメインに、10月13日~11月30日に市内10会場で開く。

 問い合わせは市観光経済課内の実行委事務局〈電0557(86)6195〉へ。

 【写説】ムーンテラスを舞台に繰り広げる「ムーンライトショウ」のイメージ画像(熱海市提供)

各地の最新の写真
伊東
いでゆ鎌田会は市民病院清掃 社会奉仕の日に合わせ伊東市老ク連
下田
息止め、潜水など3種目 フリーダイビング―下田大会に25人
中伊豆
沼響弦楽四重奏など鑑賞 三嶋暦の会演奏会に80人 
熱海
黄金色に輝くススキ 野山、道路沿いで穂開く―熱海市郊外

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)