初島アイランドリゾート宿泊施設 「南国の雰囲気」人気―熱海

熱海版 2018年08月03日

大きなテラスなどを備え、南国リゾートの気分を味わえるアジアンリゾートヴィラ=初島アイランドリゾート
大きなテラスなどを備え、南国リゾートの気分を味わえるアジアンリゾートヴィラ=初島アイランドリゾート

 ■カップル、家族にアジアンヴィラ 9月までほぼ満室 

 熱海市初島の複合リゾート施設「初島アイランドリゾート」にあるコテージタイプの宿泊施設「アジアンリゾートヴィラ」がカップルなどの人気を集めている。南の島の高級リゾートを思わせるロケーション、異国情緒とプライベート感覚を味わえる演出などが人気の理由で、今夏は9月まで平日を含めほぼ満室。10月以降も週末は予約が取りにくい状況が続いている。

 亜熱帯植物が生い茂る「アジアンガーデンR―Asia」内に昨夏オープンした同ヴィラは広さ15平方メートルの小さな戸建てコテージ計8棟。全室に大きな木製テラスとテント、ハンモックが付く。室内はダブルベッドとソファベッド、アジア風の内装と調度品で統一し「隠れ家的」な雰囲気を醸している。トイレ、風呂はなく、共同施設を利用する。夕食は地場の海産物を使ったバーベキューをテラスで楽しめる。料金は1泊2食付きで大人1人1万1千円~2万3千円となっている。

 関係者によると、昨年7月のオープン直後から注目を集め、人気が急上昇。3カ月前に始まるオンライン予約は週末を中心に瞬時に埋まり、今年5~9月の夏季シーズンはフル稼働の状態が続いている。利用者の多くは首都圏のカップルかファミリー層という。

 ネット系大手旅行会社の掲示板には「ハンモックに揺られ、のんびり過ごすことができた」「南の島に行きたいけれど時間が取れない、そんなときにお勧め。南国の雰囲気満点」といった投稿があり、利用者の満足度は高い。松下一章支配人は「首都圏からの近さと豊かな自然、アジアのどの国とも異なるアジアンテイストが喜ばれている。部屋に水回りがなく、坂道の多い園内などマイナス面はあるが、新しい初島のリゾートライフを提供する施設として育てていきたい」と話した。

 【写説】大きなテラスなどを備え、南国リゾートの気分を味わえるアジアンリゾートヴィラ=熱海市の初島アイランドリゾート

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「湯のまちバル」 フォトコンなど初開催―伊東
下田
「焼きアユ」作り最盛期  黄金色、香ばしく―松崎「鮎の茶屋」
中伊豆
伊豆市に商品やグッズ 五輪パートナーのコカ・コーラ
熱海
真っ黒な手に収穫の喜び MOA幼児学園―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)