日韓友好、平和を祈願、自転車リレーで日本縦断―熱海

熱海版 2018年08月01日

関係者に見送られて来宮神社を出発するリレー参加者=西山町
関係者に見送られて来宮神社を出発するリレー参加者=西山町

 ■来宮神社で中継地点イベント

 日韓友好や世界平和を願い両国の若者らが自転車で日本をリレー縦断する「ピースロード2018・イン・ジャパン」(実行委員会主催)が31日、熱海市入りし、来宮神社で安全祈願の中継地点通過イベントを行った。

 13年に始まった平和運動。今年は7月14日に北海道・宗谷岬を出発し、8月9日に山口県下関にゴールする日程で、有志約250人がリレーしている。

 熱海市でのイベントは2年目。この日は熱海市泉出身の静岡大4年加藤慎得さん(21)ら5人が午前7時半に小田原市を出発し、11時、熱海市日韓親善協会の鵜沢精一会長、来賓の川口健市議会議長、韓国の駐日横浜領事らに迎えられて同神社に到着した。

 交通安全の祈とうに続く記念式典では加藤さんが「世界平和と日韓友好、多文化共生社会の実現を目指して完走する」と「ライダー宣言」を代表して読み上げ、鵜沢会長が5人にお守りを手渡した。このあと、5人は関係者に見送られて、2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技会場となる伊豆市のべロドロームに向けてペダルをこぎ出した。

 【写説】関係者に見送られて来宮神社を出発するリレー参加者=熱海市西山町

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)