台風12号の高波で初島港の堤防損壊 食堂街も大きな被害

熱海版 2018年07月31日

防波堤の通路部分が波に押し上げられ損壊した初島第1漁港。海中には通路のコンクリートが散乱している=初島
防波堤の通路部分が波に押し上げられ損壊した初島第1漁港。海中には通路のコンクリートが散乱している=初島
復旧作業が進められる食堂街の店舗=初島
復旧作業が進められる食堂街の店舗=初島
高波で押し流されたウオーターパーク。海岸では復旧に向けたフロート類の修復作業が進められた=熱海サンビーチ
高波で押し流されたウオーターパーク。海岸では復旧に向けたフロート類の修復作業が進められた=熱海サンビーチ
コンクリート製の外壁パネルが波で打ち破られ、内部に大量の海水が流入した処理施設=和田浜南町の市浄水管理センター
コンクリート製の外壁パネルが波で打ち破られ、内部に大量の海水が流入した処理施設=和田浜南町の市浄水管理センター

 28日夜から29日未明にかけて東海地方の南海上を西方向に通過した台風12号は、熱海市内の海岸地域に大きな高波被害をもたらした。市が30日正午までにまとめた公共施設などの被害状況によると、初島港や熱海港埋め立て地では護岸施設の一部が損壊。同埋め立て地の海釣り施設や下水処理場、熱海サンビーチもダメージを受けた。宿泊キャンセルは今のところないが、市は観光シーズンであることを考慮し、県と協力して復旧作業を急ぐ方針を強調した。【3面に関連】

 ■「津波と一緒だった」

 漁港の防波堤や食堂街に被害があった初島では30日、前日に引き続き住民らが復旧作業などに汗を流した。初島航路の定期船は通常運航となり、行楽客が続々と降り立った。書き入れ時だけに住民からは「なるべく早く復旧させたい」「できる範囲で営業したい」という声が相次いだ。

 定期船が発着する第1漁港の防波堤は、通路部分のコンクリートが幅5・75メートル、長さ15・5メートルにわたって剥がれ、穴があいた。調査に当たった市職員は「波が下から入り込み、押し上げられたコンクリートが海中に散乱したのではないか」と話した。

 港の東側に並ぶ食堂のうち8軒が床上浸水し、出入り口のシャッターやドアなどが壊れる店もあった。「めがね丸」の田中里美さん(51)は「入った海水が抜けなかったから、電化製品は全部駄目。冷蔵庫や水槽も壊れた」と被害状況を話しながらも「なるべく早く店を開けたい」と片付けを進めた。「中石亭」の中石昭二さん(68)は「座敷の上まで海水が来てじゅうたんは水浸し、店の中は砂利がすごかった。津波と一緒で恐ろしい」と振り返り「かき氷だけでも売ろうと思う」と準備に当たった。

 被害を免れたものの、周囲の状況から営業自粛を考える店もあったという。新藤康晴区長は「お客さんに迷惑をかけないよう、営業できる店はやってほしいとお願いした。被害を受けた店もなるべく早く復旧し、やれる範囲で対応してほしい」と思いを話した。

 防波堤東側で整備中の交流広場もU字溝が飛ぶなど施設の一部が破損したが、防波堤通路の迂回路(うかいろ)として使用可能としたため、定期船の乗降は支障なくできる。船が到着すると、運航する富士急マリンリゾートのスタッフや島内のホテル従業員らが防波堤などに立ち、客の誘導に当たった。

 ■ウオーターパーク押し流される 急いで回収、修理―サンビーチ

 熱海サンビーチではアンカーに固定してあったウオーターパークの32個のフロート類が全て高波で押し流され、砂浜に打ち上げられた。29日から係員が回収と修理作業を進めており、早ければ31日にも営業を再開できる見通し。担当者は「想定を超える高波だった。問い合わせが多く、できるだけ早く開放したい」と話した。

 同ビーチに関しては遊泳エリアを区切るブイの流出と、海中に散乱したがれき処理のため、30日も遊泳禁止措置が続いた。

 隣接するムーンテラスでは、高波でタイルが数多くはがれる被害があった。スパマリーナでは桟橋の一部が損壊した。

 ■芝生広場は壊滅的 下水処理場に海水入り運転停止

 熱海港埋め立て地では高波でコンクリート護岸が一部破壊され、芝生広場は地面が波でえぐられて大量のがれきで埋

まるなど壊滅的被害を受けた。広場の公衆便所も半壊した。

 同広場に隣接する下水処理の市浄水管理センターでは、2棟ある処理棟のうちの1棟でコンクリート製外壁パネルの一部が波で壊れ、大量の海水が棟内に流入。処理槽に大量の海水が入り込んで運転を停止した。市下水道課は「もう1棟で全量処理しており、今のところ問題はないが、観光客が増える旧盆などを考えれば、早急に被害調査と復旧を行う必要がある」と説明した。

 海釣り施設は防波堤と埋め立て地をつなぐコンクリート製スロープが流出。防護柵なども波でなぎ倒された。被害がひどく、市公園緑地課は「営業再開の見通しは立っていない」としている。

 【写説】防波堤の通路部分が波に押し上げられ損壊した初島第1漁港。海中には通路のコンクリートが散乱している=初島

 【写説】復旧作業が進められる食堂街の店舗=初島

 【写説】高波で押し流されたウオーターパーク。海岸では復旧に向けたフロート類の修復作業が進められた=熱海サンビーチ

 【写説】コンクリート製の外壁パネルが波で打ち破られ、内部に大量の海水が流入した処理施設=和田浜南町の市浄水管理センター

各地の最新の写真
伊東
文化、芸術 秋真っ盛り 伊東市芸術祭・上演部門
下田
クロカン 全国756人疾走ー東伊豆
中伊豆
情緒豊かにウクレレ 市民文化祭音楽芸能部門が開幕―伊豆
熱海
趣向凝らした手作り品500点 網代で文化祭―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)