旭町二丁目が初総合V こがし祭り第50回山車コン―熱海

熱海版 2018年07月17日

総合優勝した旭町二丁目の山車「夏だ!こがしだ!旭2ひまわり号だー!」
総合優勝した旭町二丁目の山車「夏だ!こがしだ!旭2ひまわり号だー!」

 ■ヒマワリ造花飾り華やかに

 「熱海こがし祭り第50回山車コンクール」(実行委員会主催)の審査結果が16日に発表され、「夏だ!こがしだ!旭2ひまわり号だー!」と名付けた山車で参加した旭町二丁目が初の総合優勝を果たした。

 ヒマワリの造花を飾り付け、電飾でも明るく華やかに山車を演出した。審査会場では、カチューシャや羽を着けてハチに扮(ふん)した子どもたちが集まって盛り上げ、造花と電球をちりばめた“ヒマワリのじゅうたん”を広げてアピールした。

 同町内役員によると、部門優勝は2回ほどあったが、総合優勝にはあと一歩及ばなかった。青年会メンバーで山車責任者の森野貴之さん(45)は「年々、装飾を明るくしてきた。山車の明るさと、子どもたちが楽しそうに引いてくれたのもアピールできたと思う」と振り返った。

 祭典実行委員長の木村寿宏さん(51)は「皆の協力があってこそ」、町内会長の原英之さん(65)は「青年会が団結し、中心となって取り組んでくれたおかげ。50回記念で平成最後の年に総合優勝できてうれしい」と喜んだ。

 今回は装飾の部に18町内、木彫りの部に15町内が参加し、「装飾」「お囃子(はやし)」「行列」で競った。アニメのキャラクターをモチーフにした山車のほか、来年4月で終わる「平成」をテーマにした山車もあった。各町内、お囃子に加え、風船や傘を掲げたり、タオルを振ったりしてアピールした。

 【写説】総合優勝した旭町二丁目の山車「夏だ!こがしだ!旭2ひまわり号だー!」

 【図表】こがし祭り山車コンクール審査結果

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)