犯罪や少年非行防止確認 社明運動推進委―熱海

熱海版 2018年07月07日

総理大臣のメッセージを披露する熱海地区保護司会の宇畑会長=市役所
総理大臣のメッセージを披露する熱海地区保護司会の宇畑会長=市役所

 ■強調月間でセレモニー

 熱海市社会を明るくする運動推進委員会(委員長・斉藤栄市長)は6日、第68回となる同運動と2018年度青少年の非行・被害防止強調月間の推進セレモニーを市役所で開き、犯罪や少年非行のない幸福な社会づくりの推進を確認した。予定していた街頭啓発は雨天のため中止した。

 市、熱海署、青少年健全育成市民会議、熱海地区保護司会などから約30人が出席。はじめに同保護司会の宇畑良三会長が「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラの推進」と題した総理大臣のメッセージを披露した。

 斉藤市長は「関係機関が連携して希薄となった地域の連帯、家族の絆を取り戻し、安全安心の地域づくりを進めよう」とあいさつ。同市民会議の野田正身会長は「非行少年をしかるだけでなく、愛情を持って接してほしい」と呼び掛けた。

 【写説】総理大臣のメッセージを披露する熱海地区保護司会の宇畑会長=熱海市役所

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集