UDタクシー導入、助成制度創設、市に要望―県協会熱海支部

熱海版 2018年07月07日

斉藤市長(右)に助成制度の創設を要望する和田支部長ら=市役所
斉藤市長(右)に助成制度の創設を要望する和田支部長ら=市役所

 ■市長「前向きに検討」 

 熱海市の県タクシー協会熱海支部(和田芳治支部長)は5日、車椅子使用者や高齢者が利用しやすいユニバーサルデザイン(UD)タクシーについて、市に導入促進の助成制度創設を求めた。

 和田支部長や新妻幸一、原規公両副支部長が市役所を訪れ、斉藤栄市長に要望書を手渡した。和田支部長は東京五輪・パラリンピックに向け、5分の1に当たるタクシーをミニバンタイプのUDタクシーに替えようとする都内の動きなどを説明し「現在熱海には4台ある。助成金は国が60万円、県が10万円だが、車両が高額のため、市の助成制度も創設してほしい」と述べた。

 斉藤栄市長は「基本的に前向きに検討していきたい。2020年に向けて外国人の観光客が増える。熱海には高齢者も多く、(UD切り替えは)時代の流れだと思っている」と答え、導入の見通しを聞いた。

 原副支部長は「年間に5台ぐらいの導入を見込んでいる。市内7社が年間1台ずつとして、7台とみてもらえればいいのではないか」と語った。

 UDタクシーは現在小型と同じ料金で運行する。一般利用からも「車内が広い」「荷物を乗せやすい」などと好評を得ているという。価格は約350万円で、セダンタイプに比べ約2倍という。

 【写説】斉藤市長(右)に助成制度の創設を要望する和田支部長ら=熱海市役所

各地の最新の写真
伊東
伊豆は4カ所「漁協へGO」 スタンプラリー開始―県など
下田
堂ケ島で“火祭り” 24日、3000発の花火ー西伊豆
中伊豆
着衣泳 田方北消防署、水難事故対処法を指導―函南西小
熱海
啓発品配って事故防止訴える 三信、ピカッと作戦―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)