アガパンサス見頃 泉のハルカスガーデン―熱海

熱海版 2018年07月05日

薄紫色の花を咲かせるアガパンサス=泉のハルカスガーデン
薄紫色の花を咲かせるアガパンサス=泉のハルカスガーデン

 ■薄紫の花、今年はやや少なめ

 熱海市泉の公園「ハルカスガーデン」で南アフリカ原産の園芸植物アガパンサスが見頃を迎え、薄紫色の花が来園者の目を引いている。

 園内には約350株のアガパンサスが植わる。茎の先端に放射状の花の塊を付けるが、今年は各株とも花の数がやや少ないという。

 渚町の親水公園にも多くの株が植わる。ややピークを過ぎた状況。同公園のアガパンサスは3日現在、五分~七分咲きで今月中旬まで楽しめそうだという。

 同公園を運営するNPO法人グランベルテの立石吉輝会長は「この公園は海岸部よりも標高が高い。森の中で日当たりの悪い株もあるので、開花が遅いのかもしれない」と話した。

 【写説】薄紫色の花を咲かせるアガパンサス=熱海市泉のハルカスガーデン

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集