第7期介護保険事業など確認 熱海市運営協議会

熱海版 2018年07月03日

第7期介護保険事業計画などの説明を聞く委員ら=市総合福祉センター
第7期介護保険事業計画などの説明を聞く委員ら=市総合福祉センター

 熱海市はこのほど、市総合福祉センターで2018年度第1回市介護保険運営協議会を開いた。協議会委員が4月にスタートした第7期市介護保険事業計画や第8次市高齢者福祉計画、市介護保険事業特別予算会計について確認した。

 斉藤栄市長は「熱海市の高齢化率は46・3%に達し、県内の市で最も高い。介護保険制度の運営について活発な意見をいただきたい」と呼び掛けた。市職員が第1号被保険者(65歳以上)の月額保険料引き上げ、地域ケア会議の充実、在宅医療・介護連携の推進といった計画の内容を説明した。

 会議の冒頭、委員に委嘱状を交付し、会長に岩井利之さん(市医師会)を選任した。任期は3年。

 【写説】第7期介護保険事業計画などの説明を聞く委員ら=熱海市総合福祉センター

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集