市火葬場改修、3号炉の設備更新へ 一連の事業来春完了―熱海

熱海版 2018年07月02日

本年度事業で設備を更新する3号炉=熱海の市火葬場
本年度事業で設備を更新する3号炉=熱海の市火葬場

 ■駐車場の舗装補修も

 熱海市は本年度、市火葬場の火葬炉を一部改修する。昨年度は待合室の改修や小規模式場の新設などを行っており、一連のリニューアル事業が一段落する。

 改修するのは3基ある火葬炉のうちの3号炉。炉の設備一式を更新する。工事は12月ごろ着手し、完了は来年3月末の予定。その間の火葬業務は1、2号炉で対応する。事業費は約2800万円。

 本年度はさらに、段差が生じるなどして傷みが著しい駐車場の舗装の補修工事も別途行うという。

 1992年に落成した市火葬場は鉄筋コンクリート造り2階建て・延べ床面積1255平方メートル。完成から四半世紀経過して老朽化が進み、市は炉の改修、待合室の洋室化、少人数の葬儀に利用できる式場の新設などのリニューアル事業を進めてきた。市の担当者は「3号炉の改修で事業は一区切りつき、使い勝手の良い火葬場になる」と話した。

 【写説】本年度事業で設備を更新する3号炉=熱海の市火葬場

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集