第二小敷地内に専用施設 放課後児童クラブ―熱海

熱海版 2018年06月13日

第二小の学校敷地内で建設が進む放課後児童クラブの専用施設=桜町
第二小の学校敷地内で建設が進む放課後児童クラブの専用施設=桜町

 ■7月中旬にも校舎内から移転

 熱海市が市立第二小の学校敷地内に放課後児童クラブの専用施設を建設している。7月中旬に完成次第、同校の放課後児童クラブ「わくわくランド」(登録児童数56人)が間借りしている校舎内から専用施設に移転し、運用する。

 同校の余裕教室と市立小嵐保育園の施設を活用する認定こども園整備に伴う事業。学校敷地内の旧自然観察園を造成して建設中の専用施設は鉄骨平屋建て約125平方メートルで、児童が学習や遊びを行うスペースと台所、トイレを備える。事業費は約3100万円。2月に始まった工事は大詰めに入っている。

 市の担当者は「使い勝手に大きな差はないが、運営する側は校舎から専用施設に移ることで土曜日の運営などが容易になる。校庭が目に入る立地も利点」と話した。

 放課後児童クラブは働く保護者にかわって児童を放課後と週末(土曜日)の一定時間預かる健全育成事業。同市は初島と桃山を除く6校区の小学校の余裕教室などを活用して開設し、運営を民間委託している。現在の登録児童数は全体で293人。専用施設は第二小が市内初となる。

 【写説】第二小の学校敷地内で建設が進む放課後児童クラブの専用施設=桜町

各地の最新の写真
伊東
伊東市危安協・井原さん 全国理事長表彰―防災対策啓発など評価
下田
日本代表勝利に酔う 賀茂各地でW杯観戦会
中伊豆
テラコッタの花飾り新装 温泉場振興会―長岡
熱海
商品の味やこだわりは 熱海高2年、販売実習へ仕入れ先訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)