五輪競泳入賞、松本選手が「夢先生」―熱海・桃山小

熱海版 2018年05月17日

タイムを縮めるためにどうしたらいいか松本選手(左)と話し合う児童たち=桃山小
タイムを縮めるためにどうしたらいいか松本選手(左)と話し合う児童たち=桃山小

 ■協力する大切さ学ぶ 

 熱海市立桃山小(坂本貴一校長、児童52人)は16日、ロンドン、リオデジャネイロ五輪で入賞した競泳選手・松本弥生さん(28)を「夢先生」に招き特別授業を行った。児童たちはゲームを通じて、仲間と協力することの大切さを学んだ。

 低学年の授業では児童が手をつなぎ、松本さんがボールから手を離している間に動く「だるまさんが転んだ」に挑戦した。初めのうちは全員のタイミングが合わず、動いてしまう児童も多かったが「横も見て動きを合わせる」「ばらばらにならないよう協力する」と意見交換をしながら何度も挑み、成功させた。

 松本さんは「皆が協力して一つのチームになれたからゲームは成功した。これからも協力していろいろなことに挑戦してほしい」と呼び掛けた。

 高学年を対象に講演会も開き、夢を持ち続けることの大切さを説いた。

 【写説】タイムを縮めるためにどうしたらいいか松本選手(左)と話し合う児童たち=桃山小

各地の最新の写真
伊東
飲食、ステージ大盛況 UsaMIフェス、地元中生も参加―伊東
下田
農業振後継者育成部会 親子ら50人が体験―下田・須原
中伊豆
4団体、15部門で競う 函南で東地区連民謡大会
熱海
なえどこで島原さん講演 2030会議―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)