指導員と予習・復習 小6の土曜日学習支援開始―熱海市教委

熱海版 2018年05月14日

指導員の助言を受けながら学習に取り組む児童たち=市総合福祉センター
指導員の助言を受けながら学習に取り組む児童たち=市総合福祉センター

 ■初日、12人集まる 

 学習塾に通っていない小学6年生の学びをサポートする熱海市教育委員会の土曜日学習支援事業が12日、市総合福祉センターと泉本区町内会館で始まった。児童たちは来年2月まで、指導員の支援・助言を受けながら、予習・復習や興味のある学習に取り組む。19日には南熱海会場(多賀小)もスタートする。

 基礎学力や学習習慣の定着などを狙いに、2015年度に始まった事業で、本年度は3会場で各32回を予定する。

 初日、同センターには第一小と第二小から12人が集まった。「英語の宿題を終わらせる」「算数のプリントを終わらせる」といった1日の目標を書き記した上で、持参したドリルや宿題に取り組んだ。分からないところは指導員に質問し、意欲的に学習を進めた。

 島野翔太君(第二小)は「勉強が苦手だから、自分で参加しようと思った。すぐに質問できるのがいい」と話し、自分で決めた課題に取り組んだ。

 【写説】指導員の助言を受けながら学習に取り組む児童たち=市総合福祉センター

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)