神木に感謝、舞奉納 来宮神社大楠祭―熱海

熱海版 2018年05月07日

「大楠の舞」を奉納するみこ=西山町の来宮神社
「大楠の舞」を奉納するみこ=西山町の来宮神社

 熱海市西山町の来宮神社(雨宮盛克宮司)は5日、「大楠祭」を開いた。国指定天然記念物であり神木の大楠に感謝して神事を行い舞を奉納した。

 新緑の映えるこの時期に合わせて毎年開催している。十二単(ひとえ)に身を包んだ2人のみこが、琴の演奏と歌に合わせて「大楠の舞」などを厳かに舞った。雨宮宮司は「皆さんの心のより代となるご神木として、多くの人にお参りしてほしい」と話した。

 大楠は樹齢約2100年以上といわれる巨木で、パワースポットして人気を集めている。舞は歌人・佐佐木信綱の「来宮は樹齢2千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんで作られた。

 【写説】「大楠の舞」を奉納するみこ=西山町の来宮神社

各地の最新の写真
伊東
飲食、ステージ大盛況 UsaMIフェス、地元中生も参加―伊東
下田
農業振後継者育成部会 親子ら50人が体験―下田・須原
中伊豆
4団体、15部門で競う 函南で東地区連民謡大会
熱海
なえどこで島原さん講演 2030会議―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)