来月12、13日にタカタ・フェス 震災復興支援―熱海

熱海版 2018年04月22日

タカタ・フェスタ・イン熱海2018のPRポスター
タカタ・フェスタ・イン熱海2018のPRポスター

 ■「津波バイオリン」演奏など

 東日本大震災で津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興支援を目的とした防災・音楽イベント「タカタ・フェスタ・イン熱海2018」(実行委員会主催)が5月12、13日、熱海市の親水公園レインボーデッキで開かれる。津波の流木や「奇跡の一本松」の木片で作られた「津波バイオリン」の演奏、陸前高田市長の講話、同市と周辺の物産販売などがあり、多くの来場を呼び掛けている。

 震災発生から7年目の今年で一区切りを付ける考えで、初日午後4時25分から、実行委の茶田勉代表らが「感謝とこれからの歩み」と題してトークを行う。熱海高エイサー部の演舞や親子向けワークショップ、シンガー・ソングライター白井貴子さんらのライブも開く。

 13日は戸羽太・陸前高田市長の講演、津波バイオリン演奏、同市の歌手によるライブが続き、フィナーレでテーマソング「つむぎ」を合唱する。

 両日とも熱海と東北グルメの出店、防災紙芝居、ゆるキャラ「たかたのゆめちゃん」のステージがある。

 茶田代表は「皆の心に残るイベント、笑顔をつなぐイベントにしていきたい」と話す。

 12日は午前11時~午後8時、13日は午前10時~午後5時。入場無料。出店などの収益は半分、募金は全額、陸前高田市に寄付する。

 問い合わせは市観光協会〈電0557(85)2222〉へ。

 【写説】タカタ・フェスタ・イン熱海2018のPRポスター

各地の最新の写真
伊東
学校給食に地魚を いとう地魚王国が総会、伊東会長を再選
下田
26~28日 ところてんまつり―西伊豆
中伊豆
来月、三島工業団地進出企業トップで着工 西原商会が支店
熱海
ヒラメの稚魚7000匹放流 第二小、伊豆山小の児童体験―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)