「生徒の本分全う」 熱海高で入学式、タライアンゴミさん宣誓

熱海版 2018年04月07日

宣誓する新入生代表のタライアンゴミさん=熱海高
宣誓する新入生代表のタライアンゴミさん=熱海高
新入生を代表し誓いの言葉を述べる石和さん=銀座町の熱海ニューフジヤホテル
新入生を代表し誓いの言葉を述べる石和さん=銀座町の熱海ニューフジヤホテル

 ■79人、新生活スタート

 県立熱海高(杉山禎校長)は6日、入学式を開いた。79人が真新しい制服に身を包み、緊張した様子で高校生活をスタートさせた。

 新入生は1人ずつ教員から名前を呼ばれ、「はい」と大きな返事をして起立した。代表としてタライアンゴミ・セタレさん(泉中出)が「校則を守り、学業に励み、人格を磨き、生徒の本分を全うする」と宣誓した。

 杉山校長は「地域や仲間を大切にする、自立したたくましい生徒になるよう自らを磨いてほしい」と呼び掛けた。斉藤栄市長は「一生をかけてやりたいことを3年間で見つけてもらいたい」と祝辞を述べた。上級生から校歌の紹介を受け、集合写真撮影なども行った。

 ■「社会人の基礎学んで」 国際3専門学校入学式、134人、気持ち新た

 熱海市の国際観光専門学校熱海校・国際医療管理専門学校熱海校(板垣典明校長)、国際ペットビジネス専門学校熱海校(池谷悟校長)は6日、合同の入学式を銀座町の熱海ニューフジヤホテルで開いた。新入生134人が、2年間の新生活へ気持ちを新たにした。

 入学者の内訳は観光が70人、医療管理が17人、ペットビジネスが47人。運営する学校法人高村育英会の高村慎一理事長は式辞で「働き方改革や人工知能(AI)など変化の時を迎えているが、必ず必要とされるのは人間にしかできない仕事。社会人として職業人として必要な基礎力を学んでほしい」と述べた。

 新入生を代表しペットビジネスの石和琴紗さんが「専門的な知識や技術、態度を学び、思いやりのある職業人となる。初心を忘れず努力を重ね、成長していく」と誓った。

 【写説】宣誓する新入生代表のタライアンゴミさん=熱海高

 【写説】新入生を代表し誓いの言葉を述べる石和さん=銀座町の熱海ニューフジヤホテル

各地の最新の写真
伊東
絶滅危惧種 クマガイソウ満開―伊東・里山のガーデンに250株
下田
川風受け、こいのぼり 松崎・八木山橋、住民寄贈の30匹
中伊豆
きょうから小品盆栽・山野草展 伊豆の国・山岸園
熱海
早咲きツツジ三分咲き 例年より2週間早く開花―熱海姫の沢公園

最新写真特集