春の交通安全運動スタート 高齢者に事故防止啓発―熱海署

熱海版 2018年04月07日

高齢者に事故に注意するよう呼び掛ける交通安全指導員(左)ら=JR熱海駅
高齢者に事故に注意するよう呼び掛ける交通安全指導員(左)ら=JR熱海駅

 春の全国交通安全運動が6日、スタートした。15日まで。熱海市内では子どもや高齢者の安全な通行確保、高齢運転者の事故防止などを中心に啓発活動を行う。

 熱海署はJR熱海駅で啓発品を配った。署員2人と交通安全指導員3人が出て、運動をPRした。高齢者や子どもらに「事故に気をつけて」と声を掛けて、反射材付きのたすきなどを手渡した。

 太田智也交通課長は「市内の事故は増加傾向にある。積極的に活動をアピールして事故減につなげていきたい」と話した。

 市交通安全協議会は、悪天候のため同日予定していた出発式、街頭広報を中止した。

 【写説】高齢者に事故に注意するよう呼び掛ける交通安全指導員(左)ら=JR熱海駅

各地の最新の写真
伊東
絶滅危惧種 クマガイソウ満開―伊東・里山のガーデンに250株
下田
川風受け、こいのぼり 松崎・八木山橋、住民寄贈の30匹
中伊豆
きょうから小品盆栽・山野草展 伊豆の国・山岸園
熱海
早咲きツツジ三分咲き 例年より2週間早く開花―熱海姫の沢公園

最新写真特集